鉋

「昨日よりいい明日のお手伝い」メルボルンの片付け屋カタシストのゆみです

いつの間にか気が付いたらもう8月で2018年も残すところ後4ヵ月を切りました。ここでちょっと一息ついて上半期を振り返ってみたら7月まではギリギリ私の目標数をカバーしていましたが、7月からは自分との約束を全然守れていませんでした。週一で更新しようと決めていたこのブログも1か月以上ぶりの更新。更新できていない間罪悪感でPC開くたびにため息が…。ため息ついてるくらいなら行動すればいいのは重々承知なんでが力が出なかったんです。

これって正に明日片付けよう…が延び延びになっている状態と同じでして…。めちゃくちゃ反省。

 

7月に3週間ほど帰国していました。しかもそのうちの2週間は自宅以外の全く土地勘のない場所で寝泊まりしながら家具職人の鉋コースのお手伝い。初めてのことが多すぎたのと、オペレーションがいまいち把握しきれていなかったため狂ったようにテンテコ舞いを舞い、要所要所で華麗な空回りを披露。最後まで自分のペースが掴み切れず勝手に疲れ果て、挙句の果てに夏風邪をひいてしまい「何してるんだか…」状態だったので“空き時間を見つけてこのブログをアップしよう”というもくろみは儚く散っておりました。

メルボルン戻ってきた次の日から早速仕事だし、まだまだ寒いしで疲れは全く取れなくて、今やっと色々ルーティンワークがこなせるようになってきたところです。こんな時は小さな単純作業からこなしていくようにしていて、リハビリ代わりにひたすら洗濯していました。週末くらいから寝る前のなんちゃって筋トレと柔軟体操もようやく復活。

 

このブログについては「しっかり書かなければ!」というプレッシャーを知らぬ間に自分で自分にかけていて、それが心の負担になっていたようです。文章の長さはある程度目をつむるか他のところで落としどころを見つけてもう少しだけハードルを低くして下半期の目標達成に向けてゆるゆると進めていこうと思います。

 

カタシスト代表:ゆみ

 

写真はコースで生徒さんに配られた新品の鉋たち。